いみずスポーツクラブの
新型コロナウィルス対策

いみずスポーツクラブでは徹底した感染防止策を実施し、
お客様が安心、安全に来館していただける環境の整備を強化しております。

それぞれの
新型コロナウィルス対策

フィットネスご利用時のコロナ対策

来館時のマスク着用と消毒

来館時のアルコール消毒

来館時はマスクの着用、また、クラブに入る前に手指の消毒をお願いしております。

入館時の健康チェック

健康チェックカード記入

健康チェックカードに体調を記入して持参していただき、入館時にスタッフがチェックいたします。

受付時、諸手続き時

飛沫感染防止対策のパーテーション

フロントでの会話や、諸手続きの際、パーテーションで仕切り、飛沫感染防止対策をしております。

ロッカーご利用時の間隔

ロッカーのご利用方法

ロッカーでは密を防ぐため、1つずつ間隔を空けての利用をお願いしております。

ランニングマシンご利用時

ランニングマシンにパーテーションを導入

ランニングマシンはパーテーション(パーティション)で仕切り、飛沫感染防止対策をしております。

その他有酸素運動ご利用時

その他有酸素運動マシンに飛沫感染防止対策のパーテーション

トータルボディ、サミットトレーナーはパーテーション(パーティション)で仕切り、飛沫感染防止対策をしております。

トレーニング中

トレーニング中のマスク着用

トレーニング中もマスク着用をお願いしております。
※安全面の配慮のため、運動強度は下げて行っていただいております。

各マシン使用後

マシン使用後の除菌

マシン使用後は除菌のお願いをしております。

免疫力向上

免疫力向上にオススメな運動

免疫力向上におすすめな運動を案内しております。

スタジオプログラムの入数制限

スタジオプログラムの入数制限

お客様同士の密接を防ぐため、通常よりも少ない人数でのレッスンをお願いしております。

レッスン後の換気も行っています。

営業時間の対応

営業時間の短縮と営業終了後の対策

安全面の確保のため営業時間を短縮しております。営業終了後は除菌や換気を行っております。

トレーナー(スタッフ)の対策

トレーナー(スタッフ)の対策

トレーナー(スタッフ)もマスクの着用をしております。

ジュニアスイミングご利用時のコロナ対策

ジュニアスイミング体験者様へのお願い

体験するお子様と保護者様が安心、安全に来館していただけるよう、以下の点にご協力をお願いいたします。

  • 来館時はマスクを着用し、入館時に手指の消毒をお願いします。
  • 更衣室での着替え時間短縮のために、なるべく水着を着て来館してください。
  • 参観される保護者様は体験者1名につきお一人様までとさせていただきます。参観する際も、マスクの着用をお願いします。
  • 体験するお子様、保護者様ともに来館2時間以内に検温し、以下のチェックシートを記入してご持参ください

体験者用健康チェックシート

※チェックシートは体験申込時にお渡しいたします。

バス乗車時の消毒

バス乗車時の消毒

乗車時に手指消毒を行い、乗車中は座席の間隔を空けて静かに座るようにしています。車内での飲食を禁止しています。子どもたちが下車後、車内を除菌しています。

来館時のマスク着用と消毒

入館時のマスク着用と消毒

来館時は、お子様、保護者様共にマスクの着用をお願いしています。また、クラブに入る前に手指の消毒をお願いしています。

入館時の健康チェック

入館時の健康チェックカードの提出

ご自宅で当日の健康状態を健康チェックカードに記入して持参していただき、入館時にスタッフがチェックいたします。

保護者様へのお願い

お子様の着替えの補助が必要な保護者様の健康チェックカードの記入

お子様の着替えの補助が必要な保護者様はロッカーに入ることができます。館内に入る際は健康チェックカードの記入をお願いしています。

来館前に検温をしておいてください。

下足棚のご利用

下足棚のご利用方法

密を防ぐため、間隔を空けて下足棚を使用していただきます。

ギャラリーのご利用

ギャラリーのご利用

保護者様のギャラリーでの観覧は三密を避けるため、当面の間禁止としております。

ロッカールームの対策

ロッカールームの換気

ロッカールームの扉は開放し、換気しております。

館内の換気の徹底

館内の換気の徹底

定期的に館内の換気を行っています。

ロッカー使用時の間隔

ロッカー使用時の間隔

密を防ぐため、間隔を空けてロッカーを使用していただきます。
また、前後のクラスで着替え時間が重ならないように、入れ替え制にしています。

レッスン開始時の対策

ビニール袋持参とプールサイドでの対策

各自ビニール袋を持参し、バスタオルが直接触れないようにして保管します。

また、プールサイドでは距離を空けて静かに待ち、体操時は掛け声をかけません。

廊下、ロッカー内の消毒

廊下、ロッカー内の消毒

定期的に廊下、ロッカー内の除菌を行っています。

プール内の感染予防策

プール内の感染予防策

プール内は常に残留塩素濃度が基準値(0.4~1.0ppm)以上になるように管理しています。

室温や湿度、塩素による殺菌消毒によりプール内の感染予防に取り組んでいます。

コーチの飛沫感染予防策

コーチの飛沫感染予防策

コーチは飛沫感染予防のためのプール用マスクを着用し、対策を行っております。

短期水泳教室へ
ページトップへ